静岡で緑内障の治療を受けられることは

点眼治療を開始しており定期検査も受けていく

もちろん医師でもない母親の言葉は、私を慰めるための安心させるための言葉だというのは分かっていましたが少し前向きな気持ちにさせてくれたのです。
静岡での治療は眼圧を低くして、病気が進行するのを抑えるような目薬を利用したものとなっています。
診断を受けてから3ヶ月なのですが、先日受診した時にはかった眼圧は少し下がり13だと言われました。
それだけでまるで治って行くかもと思ってしまう自分がいますが、決して一旦失われた部分の視力が戻らないこともわかっています。
自分ではまだまだ若いと思って見た目にも気をつけたいと思っているので、治療に使っている目薬で目の下が黒くなってしまうこともから差した後にはきちんと拭いて、薬が皮膚に残らないようにと言われたことは朝晩真剣に取り組んでいます。
半年に一度は視野検査も受け、進行の程度などを見て行くことになりました。
自覚症状があったわけでも無く突然病気だということでショックと混乱の日々が続いていましたが、今は早くに見つけてもらえたと前向きにしか考えないようになりました。

眼圧が高く検査の結果緑内障と診断40歳で緑内障になり凄くショックを受けた点眼治療を開始しており定期検査も受けていく