静岡で緑内障の治療を受けられることは

眼圧が高く検査の結果緑内障と診断

緑内障の治療の静岡日帰り手術|緑内障

緑内障という目の病気はもちろん耳にした事はありましたし、コンタクトレンズの処方をしてもらうために行っている眼科でもポスターが貼ってあり、きっと怖い病気なんだろうと感じていました。
春が来るのを花粉症の症状からいち早く体感するようになったのはもう随分前からですが、今年の春先の目の状態はいつにも増して酷くかゆみが目薬や飲み薬で対処出来ないくらいだったのです。
それまでも眼科に行くたびに視力はもちろんですが眼圧などもはかっていましたが、普段より高めに出たのでした。
その数値はいつも10前後だったのですが、いつもより高いですね16ですと言われた時はなんだか身体の中が一瞬冷えたような感じになり嫌な気分になったのを覚えています。

緑内障治療で一番手こずる、手術に持っていくことになりがちなサブティーン、ローティーンの緑内障には、やはり低侵襲緑内障手術(MIGS)より濾過手術を選択したくなる

— march (@_hare_jp) 2019年5月18日
医師に診察してもらう順番が来たのですが、その時にはまだ眼圧と言葉だけを知っているような緑内障の関係などは知らなかったのです。
年齢も40歳になっていることもあるから1度視野検査をして見ましょうと、提案されて予約を入れて呑気に帰宅をしました。
予約日になり検査結果から伝えられたのが、初期の緑内障だということだったのです。
その日まで一応インターネットで眼圧高いのワードで検索していて、緑内障という病気の可能性もあるというのは覚悟はして行きました。

眼圧が高く検査の結果緑内障と診断40歳で緑内障になり凄くショックを受けた点眼治療を開始しており定期検査も受けていく